銀座 きもの

きものを銀座で購入する時に注目するべきポイント

洋服を楽しむようにきものも楽しみたい、着付けを習いたい、きもので出かけてみたいと考える女性が増えています。親から譲り受けるなどしてすでに持っている場合は良いのですが、これからきものを買うなら銀座は外せません。銀座に店を構えるきものの老舗は皆、個性を持っています。そこが銀座の魅力でもあり、難しいところです。そこでおおまかに個性を掴むために、銀座に出かける前に、まずはホームページで下調べすることをおすすめします。現代では、老舗であってもさまざまな取り組みを発信し、何よりお店のスタンスを掴むことができます。それから、実際に足を運んでウィンドウ・ショッピングしながらいくつかのお店を見てまわるのがよいでしょう。ショーウィンドウにはそのお店持つ表情がよく表れています。自分の好みにピンとくるお店が見つかるまで情報収集するのが失敗しないポイントです。

きものを銀座で購入する時にお店選びで迷ったら

ブランド力の強い銀座という場所には、様々なタイプのお店が集まってきます。老舗だけではなく、安価なきものを扱うような新しいお店等も混在しているのが銀座の特徴です。迷ってしまったという場合には、デパートの呉服売り場を利用するという選択もあります。老舗の呉服店の敷居に尻込みしてしまう方もデパートなら心理的なハードルが下がります。この時注意したいのが、必ずしも呉服売り場の店員がデパートの社員ではないということです。きものを仕入れている問屋から派遣されている社員のことがあり、その問屋のきものをすすめられることもあることを覚えておきましょう。こうして、少しきものに慣れてきてから老舗に足を運んでみるのも良いでしょう。もしも、身近にきものの知識がある人がいらっしゃれば、お願いしてお店を紹介してもらうなど、一緒に銀座巡りを楽しんでみましょう。

きものを銀座で購入する時に準備しておきたいこと

銀座だからと言って、決して背伸びをすることはありません。いつどこに着ていくのかといった用途や予算を相談しながら、ゆったりと買い物を楽しみましょう。気をつけたいのは、きものは洋服と違って仕立て上がりまで時間がかかることです。予定が決まっている場合には、余裕をもって購入しましょう。きものを購入すると小物にも興味がわくでしょう。銀座の場合、小物毎に専門店が細かく分かれているのも流石です。そのことを覚えておいて、小物選びも楽しみのひとつにするのもおすすめです。会話から好みを酌んできものを提案してくれるのが、銀座の質の高さです。安心感があり、かつ自分の感覚に合うお店に出会えれば、きものを購入した時から長いおつきあいが始まることでしょう。きものは流行に左右されませんし、なにより日本人としてきものを楽しめる心を持っていることは素敵です。

銀座 きもの

銀座できものを購入できるお店の探し方をお教えします

日本の首都である東京の銀座には、日本のトレンドの最先端をいく良いものが沢山手に入れられるというメリットもあります。それはきものも例外ではありません。新しいものも勿論ですが、商戦の激戦区を生き抜いた老舗なども多数有しているのが銀座です。きものを銀座で選ぶには、まずは自分に合った着物の条件を決めると後々ぶれずに済みます。どうしても買いたいという特定の店が無ければ、条件に見合った店をネットなどで探すのがお勧めです。きものと一口に言っても多くの種類がありますので、その店で売っている商品をざっと見て傾向を掴んでおくと選びやすくなります。商品を一つずつ見て回る時間が無い様ならば、趣味のまとめサイトやランキングだったり、きものや和装のコミュニティを閲覧したり意見を仰ぐのも有効的です。

きもの探しをする場合に気を付ける点

銀座にある店できものを探す場合は、注文を確定したり店に行ったりする前に決めておくべき点があります。きものの値段の上限額をあらかじめ決めておくと、自分の中にある許容範囲を見定めやすいです。一括払いでない場合も、ローンを組んでまで買いたいのか、買いたい時でも上限額はいくらかを決めておくと、知らずのうちに高すぎる買い物をしてしまう危険がありません。ここで気を付けたいのが、きもの以外にも諸費用が発生するかもしれない点です。きもの単体での販売もあれば、帯とセットであったり、他のオプションも付いている場合もあります。一からその他のアイテムも揃えなければならない時には、その分の予算のキープも必要です。具体的に言うと、髪飾りや帯、巾着袋や草履です。場合によってはメイク代や着付け代も計算しておくのも肝心です。

実際にお店に行ったら何に気を付けるべきなのか

きものを買うために銀座の店に向かったら、店員のアドバイスが必要かそうでないかを最初に決めます。店員のアドバイスが必要な時には、予算額をあらかじめ告げて必要な場面を話しておくと円滑に会話が進みます。自分一人でお願いしたい場合は、店員に話しかけられたらやんわりと断って下さい。慌てずに心行くまで選び、後々後悔しないように納得のいく買い物ができるかどうかが重要です。着物は保管にも手間がかかる衣類なので、大事にできるようにお気に入りのきものを購入する事をお勧めします。買いたいものを決めたら、仕立てを依頼する場合には仕上がりがいつになるか確認して下さい。必要な機会までに間に合うかを確認したら、受け取りのタイミングの調整です。湿気や衝撃に弱い衣類なので、出来れば自分で店まで取りにいくのではなく、仕上がり次第店から届けて貰える様に依頼します。