銀座 きもの

銀座ではどのようなきものが手に入るかについて解説します

銀座には老舗の呉服店が数多く存在します。夏の浴衣から本格的な振袖まで幅広く取り扱っており、あなたの好みのものがきっと手に入ります。今回は銀座の珍しいきものを少しご紹介しましょう。それは日本初の「男のきもの」専門店のきものです。初めてきものにチャレンジする人や、格好よく着こなしたい人向けにコツを紹介し、きものを選んでくれます。綿、絹、麻、小倉縮、紬ちりめん、大島紬、結城紬など素材や生地、織り方も豊富に取り揃っています。もちろんきものだけでなく、帯やバッグなどの小物も購入可能です。女性用のきものについても、カジュアル・正装両用できるものや、デザイナー監修の洋服感覚で着られるきものなどを銀座で購入できます。お店ごとにオリジナルのコーディネートを教えてくれますので、きもの初心者・上級者だれでも楽しむことができます。

銀座できものを買う際に気をつけるべきこと

銀座できものを安く買いたいという場合、セット商品というものがあります。きもの、帯、長襦袢、小物などを揃って購入できるので、きもの初心者の方には非常に買い求めやすい商品です。しかしお店によって品質が全く違うことをご存知でしょうか。最近の顧客が主に価格ときものの見た目を重視することを逆手にとって、長襦袢や裏地、小物類の品質を極限まで削るお店があるというのです。もちろん銀座の多くのお店はそのようなことをするはずもありませんが、購入する際には注意したいポイントです。小物類が中国製でないか、化学繊維を使用していないかなどをよく確認してセット商品を選んでみてください。また、きものにも洋服などと同じように既製品や中古品があります。その際はサイズに注意しましょう。きものの長さに対して身長が高いとおはしょりがでないこともあり、着崩れしやすくなります。買う前に着丈・裄丈を聞くなどしてよく確かめてみてください。

自分に合う銀座でのきものの選び方

銀座できものを買いたいが、どんなきものが自分に似合うかわからないという方は少なからずいると思います。そんな方のために肌色・体型別のきものの選び方をお教えします。まず色白の人、ピンク系のファンデーションを使う人は、パステルカラーや白色の着物がおすすめです。肌の色ときものの色が同色系でマッチします。逆に赤や紺色などの濃い色も、肌の色との対比ではっきりするので合うでしょう。次に日焼けしたような茶色っぽい肌色の人は、緑やネイビー色のきものがおすすめです。肌の透明感を際立たせる効果があります。ぽっちゃり体型の方には、シンプルな柄のきものが良いです。上半身に柄の少ないデザインや縦縞、ななめ縞のデザインは、体型をより細く見せてくれます。色は濃い色にすると引き締まった印象になり、尚良いです。

銀座 きもの

どれくらいの費用があれば銀座できものを購入できるかの解説

きものは高価なものです。銀座で販売しているきものを購入するためにはある程度の資金は必要です。成人式の振袖はレンタルでも数十万円はかかるようです。種類にもよりますが、豪華な振袖や訪問着だと100万円以上するものもありますし、簡易的なきものなら1万円程度で買えることもあります。しかし、きものだけでは着ることはできません。帯、帯締め帯揚げや半襟、草履、バッグや髪飾りなど用意しないとならない小物がたくさん必要です。小物だけでも数万円はかかりますし、美容院で着付けヘアメイクをしてもらえばまた数万円かかります。1着目を購入するのならかなりの資金を用意しておいた方がいいです。外から見えない部分ですが、着物用下着や足袋、腰ひもや帯板や帯に膨らみを持たせるために帯枕なども一つは必要です。

きもので銀座にお出かけするところ

銀座で日常的にきものを着る人は少ないのですが、人生の節目には行事に合わせてきものを着る機会があります。まず赤ちゃんが生まれたらお宮参りに行きます。その時はお宮参り用のきものを着ます。七五三の時は女の子はきものと被布着を着ます。男の子は羽織、袴を着ます。このときのきものはお宮参りの時のきものを子供用に仕立てなおして子供に着せます。その次は成人式の時です。それまでに10年以上はあいてしまいます。この時は振袖になります。レンタルがほとんどですがそれでも数十万円します。購入となるとこれの何倍もかかります。大学や専門学校の卒業式になるとはかまになります。これもレンタルがほとんどです。自分の振袖を持っていれば友人の結婚式で振袖を着ることもあります。自分の結婚式で打掛をレンタルで着ることもあります。

人生の節目に銀座できものを着ること

銀座に限らず、仕事できものを着る機会が時々あります。お正月が終わって仕事初めの日に、きもので職場に行くことがあります。また仕事着がきものという職種もあります。仕事以外ではお茶やお花などの習い事で着る機会があります。趣味や娯楽で歌舞伎やお芝居、相撲などを見に行くときにきものを着ることもあります。夏場なら花火やお祭りに浴衣や甚平を着ていくこともあります。また、還暦や喜寿などのお祝い事にはちゃんちゃんこを送って着てもらいます。人生の節目には何かしらの和装をする機会があるのですが、お金や手間はかかります。しかし、この人生の節目で気分を改めてこれから人生を楽しくより良いものにするために、趣味や娯楽をもっと楽しくいいものにするために、和装してみることはいいことだと思います。