結婚指輪と婚約指輪はどう違うの

結婚の象徴とも言える結婚指輪は憧れを抱いている女性も多いでしょう。そこでまずは婚約指輪と結婚指輪との違いについてご説明します。婚約指輪は婚約の証に男性が婚約相手の女性に贈る物です。一方結婚指輪は結婚することを記念して二人で購入する指輪です。プロポーズのタイミングなどサプライズでプレゼントされる印象もある婚約指輪ですが、女性の好みやデザイン、ブランドなど希望に合わせてプロポーズ後に購入するカップルも多いと言われています。結婚指輪は日常生活で身に付ける物なので、手に馴染むフィット感など付け心地を重視して選ばれることが多いです。平均価格は婚約指輪がおよそ35万円、結婚指輪は2つセットでおよそ24万円となっており、結婚指輪にはダイヤモンドがデザインされている物が一般的となっています。

思い出に残る結婚指輪を選びましょう

憧れの有名ブランドの結婚指輪も素敵ですが、人とは違ったこだわりの結婚指輪を用意したいという方におすすめなのがオリジナルリングです。オリジナルリングの選択肢としては、アクセサリーを扱う専門店でのオーダーメイドのほか、個人製作家や工房に依頼するハンドメイド、最近では自分たちで手作りするセルフメイドの結婚指輪も注目されています。専門店でのオーダーメイド品には大きく分けて、既に用意されているデザインの中から指輪のデザインを決めることができるパターンをアレンジするタイプと、ご依頼主の方からの要望をもとにデザイン案からリングを製作するフルオーダーメイドの2種類があります。ダイヤモンドの数の変更やデザインの組み合わせなど、既存製品では難しいオリジナリティのある結婚指輪を作ることができる点が魅力です。

よりこだわりたい方には手作りの結婚指輪もおすすめ

オリジナルリングの中でも注目されているのが、ハンドメイドやセルフメイドの結婚指輪です。二人の絆がさらに深まるきっかけにもなるセルフメイド向けのサービスとして、専門店やジュエリーの専門スクール併設のショップでの製作や体験を行っているところがあります。アクセサリーの製作に慣れていない方でも手厚くサポートしてくれるお店があるので、思い出作りとしてセルフメイドをご検討されている方におすすめです。また工房や個人製作家に依頼するハンドメイド品は、質の高いオンリーワンの結婚指輪を作ることができることから人気を集めています。金属を加工する工程をはじめ、型作りや刻印を入れる作業など、場所によってはこうした製作工程の見学をすることもできるので、結婚指輪への思い入れもより深めることができるでしょう。既存商品ではないこだわりの結婚指輪をお探しでしたら、こうした選択肢もぜひ一度検討してみることをおすすめします。